理事長プロフィール

阿尾博政
氏  名阿尾博政
生年月日昭和5年7月30日
本 籍 地富山県氷見市
学  歴中央大学卒業(商学部)

職歴

1955年 陸上自衛隊幹部候補生学校入学(富士学校レンジャー課程)。調査学校対心理情報課程。
1963年 第一空挺団本部情報幹部を経て陸上自衛隊幕僚。幹部、第二部(情報部)特別勤務班。

※日米安保条約に基づく【日米合同唯一の情報機関】本部はホノルル。中国・台湾・その他東南アジア地区の情報収集。

1967年 上部機関との調整により、防衛庁を正式(非公式)に退職。
非公式に中国・台湾に対する情報収集活動に従事。
1972年 日本と台湾の国交断絶により、非公式の駐在武官活動を開始。

※白機関:日本元軍人による台湾国防部に対する支援機関に協力。 その他、国防部情報局・国民党中央委員会大陸工作会・行政院国軍退除役官兵補導委員会との拘留を密に行う。

1977年 台湾における活動実績の功績を認められ「行政院国軍退除役官兵補導委員会」より日本人初の賞詞と栄誉徽章を受け、その後十数年にわたり業務専念。

※タイ・インドネシア・ベトナムなど旧軍人の人間関係を通じての交流を持つ。

1988年 台湾八洲物産有限公司設立(総経理就任)
1995年 任意団体「日台経済人の会」設立代表者。
2000年 NPO法人の認証を受け理事長就任。
2006年 台湾富山県人会         顧問就任
2010年 台湾フォルモサ日本人会     顧問就任
(注:フォルモサとは(Formosa, 福爾摩沙). 台湾の別称。欧州諸国では現在でもこう呼ばれる)
2014年 台湾にて 任意団体 白団顕彰会 理事長就任
2014年 一般財団法人 白団顕彰会 理事長就任

※自伝「自衛隊秘密諜報員~青桐の風に吹かれて(講談社)」の出版後、「情報学の開設と 情報要員の50年の体験談」をと題して講演会を多数開催。